Language
Language
Your Position: Home > News
シリコン・マンガンの生産と応用
DATE:2022-01-24
シリコン・マンガン合金は、マンガン、シリコン、鉄、炭素などの元素から成る合金である。用途が広く歩留まりの高い鉄合金である。2番目の電気炉鉄合金制品の消費、マンガンとシリコンのマンガン合金は、シリコンと酸素親和性が強い、マンガンシリコン合金の溶解点還元制品MnSiO3 Mn2SiO4 1270℃と1327℃、溶解点が低い、粒子が大きい、浮きやすく、脱酸素効果が良い。同じ条件下で、マンガンとシリコン脱酸素の燃焼損失率はそれぞれ46%と37%で、マンガンとシリコン脱酸素の燃焼損失率は29%だった。
それは、鋼制造に広く使用されており、その生産量の増加率は、鉄合金の平均増加率よりも高く、鉄鋼の増加率よりも高く、鉄鋼工業に不可欠な復合脱酸素剤と合金添加剤となっている。炭素含有量が1.9%以下のマンガンシリコン合金は中、低炭素マンガン鉄と電気シリコン熱金属マンガン半製品の生産にも使用される。シリコンマンガン合金は、制鋼で使用される複合脱酸素剤であり、低炭素マンガン鉄、電気シリコン熱法で金属マンガンの還元剤を生産している。