Language
Language
Your Position: Home > News
鋳物業界での炭化ケイ素の使用。
DATE:2022-03-21
炭化ケイ素の使用コストは低く、炭化ケイ素粒子を加えることで、炭化化物の析出を防ぐことができ、フェライト量を増加させ、白口を減少させ、鋳鉄組織を緻密にし、加工性能を大幅に向上させ、削削面をきれいにする;特に溶錬の中で、黒鉛の核心を増加して、球鉄の黒鉛の球数を高めて、灰鉄の黒鉛の形態などを改善してすべてとても有益です.
1.炭化ケイ素の応用は白口傾向を解消または軽減することができる;
2.炭化ケイ素の応用は過冷組織の出現を避ける;
3.炭化シリコンの応用は鋳物の厚さの敏感性を軽減して、鋳物の薄い、厚い断面の微細組織の差は小さくて、硬度の差も小さいです;
4.炭化ケイ素の応用は、核を生成するのに有利であり、数が増加する。
5.炭化ケイ素の応用は鋳鉄の中に黒鉛の形態を主に細かいしかも均一分布のA型黒鉛で、それによって鋳鉄の力学的性能を改善する
6.炭化シリコンは生産コストを下げ、生産効率を高めることができる。